FC2ブログ

プロフィール

鵺神 蓮

Author:鵺神 蓮
縛師をしています鵺神 蓮です。

17才の時、縄師・神凪さんの縄に感銘と興奮を覚えて緊縛を始めました。それ以来日々精進を心掛けています。

お仕事の御依頼、その他お問い合わせとライヴ等々でのお相手も募集していますので、お気軽にメールください。info.yagamiren@gmail.com

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々是好日

【日々是好日】

早いものでもう七月に入ってしまいましたねー。
今年もあと半年しかないと思うと一日一日のスピードが年を重ねるごとに早くなっていくような気がします。

夏本番で毎年の如くこの季節は異様に元気な鵺神です、まぁ基本的に疲れる事はあっても落ち込むことが無いのはネアカだからでしょうか・・・普段から割と明るい方なのですが、息子共々夏になるといつにもまして元気なのです。

個人的にははじける解放感を満喫できる良い時期に突入したなと思ています、縛りを経験してみたいとか、始めたい、もっとしたい人はこの時期にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

さて、前回は絡みと縛りの楽しみについて、眠気眼で書いてしまった為に殆ど脈絡のない物になってしまいましたが、今回は少しまともに書けているんじゃないかなと思います(笑)

今回のテーマは「解放」です。

ここ最近「脳イキ」ですとか「解放」ですとか色々な所で見聞きしますが、鵺神の捉える解放というのはどういったものなのか、その事について少し触れてみたいと思います。

解き放つという事ですが、何から解き放つのでしょうか?
私は縛るという事を生業としています。ですので縛るという観点から考えてみたいと思います。

日常のストレスからの解放というと、とても一般的に思えますが、私の考える解き放つという行為は、言い換えれば「許容」であって「肯定」だと思っています。

例えば、余人には理解しがたい行為や願望、嗜好といったモノの肯定許容です。

つまり、常識や良識という一定の基線からの解放ですね。
自分で自分を苦しめるのではなく、心身共に悦べるような状態に持っていく事が解放という行為の意義じゃないかな個人的には思っています。

まぁもっとも、私の縛りを受ける方で大概は心のストレスを抱えていたり、トラウマだったり、病んでいたりが大半ですが、そういった人々に対してとても大事にしている解放の要点があります。

「存在意義の肯定」

誰しも自分に自信がなくなったり、意味を見つけようとしたり、必死に帰属させようとします、何かに自分や他人を帰属させて理解することで人は安心するからです。

しかしながら、それをわかっていても不安で仕方ないので、本当にわからなくなってしまうと恐怖と不安でいっぱいになってしまうんでしょうね、だから私は縛る上で、その人の個性であったり、嗜好であったり、性癖であったり、そういった不確定要素を縛る上で肯定します。

「それでいいんだよ」

もちろん、ある程度は私好みに主導してしまいますが、確実に答えを出していくのは縛られている女性自身だったりします。
その答えを私は肯定します。
どんなマイナス要素だろうとマイナスをプラスの肯定に導くことで、存在意義の立証に努めるわけです。

縛りという行為を通じて存在意義を認めることで、自身に帰属することができ、初めて奥底にある扉を開けてくれると思います。
その扉を開けてから色々としていくわけですが、ここは各人の抱える問題によって様々です。

ある種嘘をつく必要が無い状態になる事なのかもしれません。正直に気持ち良いものは気持ち良いし、痛いものは痛いで良いのです。自分自身に正直になって、作らなくてよい状態からのスタートはとても新鮮で、何をするにも愉しく悦びを得られるわけです。

縛りという行為が解放につながる一端は、縛りという行為の「せい」にできるからではないでしょうか?

人のせいにしたり、自分の責任ではないとか「本当の自分はこうじゃないんだけどね」なんて言い訳しながら本来の自分をさらけ出せる言い訳にも役立っているのかなとも思います。

そんな解放をテーマにしたイベントがあります・・・。

え、ここまでらしいことを語って来ていきなり番宣かよ・・・そう思った貴方!

長い前振りでごめんね!

ということで、来る7月15日に紫護縄びんごさんプロデュースのイベントかあります!
各縁者の課題テーマは「解放」

こちらのイベントに不肖私の弟である「Black Bambino」ことBambi先生が出演します。
今回なんとプロデュースをかの有名な「あなるはるを」氏が手掛け、劇中の音源まで作ってくれたそうです!
楽しいに違いないのですが、少し心配なので、兄として少しだけ顔を出そうかなと思ています(笑)


Image_a3a5fe8_R.jpg

今回のテーマは「禅」

禅1







スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

絡みと縛り

【絡みと縛り】

突然ですが皆さんは縛りを行う際、或いは施される際に「絡みますか」?

絡むというと少し汎用性が高いのでもっと具体的に書きますね。

縛ってセックスしますか?

大半の方は「しない」でしょうね。

できるけどもしない



できない

は全然違う事はおわかりになりますよね?

大半の方はしないではなく、できないか、したいけどもが本当だと思います。

長時間の縛りは体に悪影響が起こり怪我をするリスクも高いですからね・・・
そうなると縛りを解いてからなら・・・・

そう、皆さんが考えている縛りは「高手小手」のような小難しい複雑な縄筋ではないでしょうか?

例えばソフトSMなんて言われるアイマスクとフワフワが付いた玩具の手枷なんてものを用いてちょっとアブノーマルなセックスを楽しむという言い方に変えたなら「それなら俺も!」とか「私も!」と言う人が増えるように思います。

ぶっちゃけその程度の拘束でもテンションは上がると思いますし、その程度の「縛り」で構わないと思います。

本結びを習ったのであればそれを手枷縛りにしてそれだけでセックスしても十分興奮できると思いますし、良いと思っています。

私の縛りは性行為を大前提として縛りを施しているので、性行為ができるように当然仕組んであります。

一つの縛りを徹底的に自分のものにして「使い倒す」

使い倒すという事は限られた中でどれだけ楽しめるかという事です。

それは縛りの難易度でも環境でもどんな場合でも最大限に性行為としてとらえた縛りを楽しめるように工夫すべきと思います。

余談ですが、私の普段の縛りの楽しみ方は緩い縛りの縄数が少ないものから始まり段階を踏んでキツイ縄数の多い縛りを施して最後は縄数少なく終わっていきます。

ひとつの縛りの中にちゃんと山場を作ってるんですね、その山を登るところから降りるところまでが一連の流れです。
何処で終わっていいかわからない方はゴールや目標を決めてそこから逆算すると「モデルさんやパートナーさんに飽きられない縛りができる」と思いますので、試してみて下さい☆

ありがとうございます。

【ありがとうございます】

皆々様のお陰でとても忙しくさせて頂いております、ありがとうございます。

いやぁすっかり更新をさぼってしまって申し訳なく思います。

最近はAVの撮影にイベント、自分の塾に、プライベートレッスンと忙しなく活動させて頂いておりますが、特に忙しいのは個人調教依頼です。

この類のご依頼が本当に最近増えてまして、私自身困惑しているのも事実です。

なにに困惑しているかと言うと、実に中身の無い縛りで嫌な思い出が出来てしまうようで、その思い出を修正加筆してほしいというご依頼が多いのです。

まぁ私自身中身の事をさんざん言ってますし、「出汁の無いみそ汁はうまいか?」という事を提唱し続けているからこういったご依頼が多いいのでしょうけれども、上辺の縛りが多いのは縛りが広まった功罪でもあるので致し方ないのかなとも思います。

基礎基本をしっかり習得して「使ってゆく」ことが大事だと思うんです、付け焼刃というか生兵法は本当に最初はいいんでしょうけどもあとからボロが出ますし、怪我だって引き起こしかねません。

一つ言えることがあるとすれば、「何事も嘘をつかないで正直に」

これが大事かなと思います。

昨今のアングラ界隈は色々と起こっていますが周りに流されず、しっかりと自分の意志、意見をもって言動することを心がけると無駄な労力もトラブルも無くなるのではないかなと思います。

色々な方が色々な意見をもってやっているので、何が良いとか正しいなんてことはないと思いますが、私自身の考えは「縛りはエロ事」であって、表現の一環であってコミュニケーションの一環であるのは間違いないと思うのですが、どこまで行っても「鵺神流はエロイコトの為にある」わけです。

できる限りプライベートレッスンも個人調教依頼も受け付けますが、私は私のやり方で行います。
ワンランク上の快楽を、満足を提供するためにやっているので、どうぞご理解のほどを宜しくお願い申し上げます。

あ、キャンセルを出す際は成るべく早くください、本当に必要な人が困ってしまいますので、宜しくお願い申し上げます!

緊縛撮影会

緊縛撮影会

緊縛撮影会というのは最近ではよく聞くワードの一つだと思います。

私自身、縛って撮るという行為はいくらでも経験があるのですが、本格的にプロダクションさんとしっかり計画を立てて撮影会を刊行するのはこれがが初めてで、ワクワクしていました。

今までにも似たような撮影会は仕事で赴いたり、自身が主催したりすることは有りましたが、Vのプロダクションさんが主宰するというのは今回が初めての経験でした。

撮影場所はこちら↓
桃撮1

そう、目黒ハウスです。

SM作品や縛り物のV,撮影ではメッカに近いところですね!
自ずとテンションも上がって臨みました。

桃撮2

まず、この廊下です。

雰囲気が抜群でなんか眺めているだけでストーリーが浮かんでくるような所でした、歴史を感じます。

今回は桃瀬ゆりさんが主演なので、到着を待っていると、とてもきれいに淡い桜色の着物を柔らかく着て来てくれたので、外の表情も晴れていたから、まずは何も無で縁側を主体に撮影会をスタートスルことにしました。

撮影されている間私も少しシャッターを切らせていただくわけですが、お客様優先は当たり前なので、邪魔にならないようにこっそり何枚か切らせていただきました。

歴史の重みが織りなす庭は奥行きも情緒も抜群で下手糞な私のカメラでもいい感じの写真が何点か撮れました。

撮影を見守りながら少しずつ縄を掛けてゆきます。

桃撮3

複雑な縛りよりも、簡素な縛りで色香を出すのはとても難しいです。

ですが、桃瀬さんの色気と目黒ハウスの空気が一層そういった感覚を、見栄えを演出してくれます。

桃撮4




桃撮5


桃撮9


前半戦の撮影は少ない縄で色気を重視して縄を掛け縛りを施すようにしました。

お昼休憩を挟んで和気藹々と進む撮影会は心休まる一時で、とてもよい空気が流れていました。

縁側に腰かけて木漏れ日の中紫煙を燻らせていると・・・

あーあの松の木はよくVで観るなーとか、明智先生もこの縁側に腰かけたのかなとか色々な思いが歴史が感じられて、個人的には幸せな時間でした。

ふと、部屋に目をやると、明智先生や濡木先生、雪村先生というレジェンドの幻影が見えるようで、身震いを覚えましたね、鳥肌でしたよ、改めて目黒ハウスに居るんだなって実感しました。

緊縛写真の大家、杉浦則夫先生もよく撮られていますね、またその作品を支える奈加あきらさんの縛りも数々ここで名作が生まれているんだなと思うと、本当にありがたい限りでした。

昨今失われつつある、性的倒錯の縛りを残していかなきゃいけない、素晴らしいものはできる限り伝えていかなきゃいけないと口元に力が入りました。

桃撮10

後半戦は性的倒錯の縛りと吊責めを少々。

桃撮7


桃撮8


桃撮6


楽しい時間はあっという間で、皆々様も終始笑顔で本当にありがたく、楽しい有意義な時間が過ごせました。
ありがとうございます。

私自身、過去に散々な悪行を重ねてきましたが、倒れてから心機一転で技術も思考もすっかり変わって邁進してきました。
その行いをまだまだ噂が先行されますが、実際に見て、経験してわかってくださる皆様には感謝しかありません。

本当にありがとうございます。

まだまだですが、できる限り邁進して行きますので、宜しくお願い申し上げます!






緊縛処女

えーすでにTwitter等で告知しているので、ご存知の方が多いと思いますが、「明日花キララ」さんの緊縛解禁ものを担当させて頂きました!

初めての縛りものという事で多分に気を使わないといけないのかなとか思ってもいましたが、実際にお会いした際にはびっくりするほど腰の低い良い人でした。

縛り自体も可能な限り監督のリクエストに応えられるように試行錯誤しながら縛らせていただきました☆

作品は本当に購入してみて頂きたいのですが、とあるシーンに「鵺神流高手小手」略して鵺神後手を入れさせていただきました。

初めての女優さんにはきついかなと思っていましたが、そこは程よい加減をさせて頂いて、なんとか縛らせてもらいました!

要チェックです。

http://www.s1s1s1.com/works/-/detail/=/cid=snis862/


明日花1

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。