FC2ブログ

プロフィール

鵺神 蓮

Author:鵺神 蓮
縛師をしています鵺神 蓮です。

17才の時、縄師・神凪さんの縄に感銘と興奮を覚えて緊縛を始めました。それ以来日々精進を心掛けています。

お仕事の御依頼、その他お問い合わせとライヴ等々でのお相手も募集していますので、お気軽にメールください。info.yagamiren@gmail.com

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

【欲】

 あのさぁ、欲だとか野心だとかそういうのないわけ?

時々俺自身に問われるというか、投げかけられる言葉である。

欲がないといえば嘘になる、食欲も睡眠欲あるし、性欲なんか旺盛なほうだ。

月に100万の稼ぎがあったとしよう、常人なればもっと稼ぎたいもっと欲しいから頑張るというのが並みらしいのだが、俺にはその「もっと」という欲がない。
 眼前にある100万の中でやりくりすればいいじゃないかと満足してしまうわけで、なぜもっと必要なのかが分からなかったが、ここ最近になって少し分かった気がする。

そもそも、そんなんでテッペン目指せるのか?と疑問に思う人もいるだろう、いや、大多数がそう思うはずだ。
 変なもので先に述べたのは「お金」であるとか「物」に対する思考回路であって、万事あてはまるわけではないし、逆に欲深い程追い求めるものはそこそこ俺の中にも存在する。

たとえば知識。

基本的に知らないこと、分からないことが大嫌いなわけで、何か疑問に思う或いは興味を持つと狭く深くのめりこむ性分なのだ。

なぜか?なぜなのか?必要性は?と常に疑問に思うわけで、その疑問に正解或いは自分なりの解が出せた時に初めてその物事が理解でき、受け入れられると言った全くもって面倒くさい思考回路をしている。

そんな自分が「お金をもっと」ということに関してふと思った、一般的な常識人ならそんな当たり前のことを何をいまさらと思うかもしれないが、自分にとっては大きな発見でまた進歩でもある。

何に気がついたかというと、現代の日本社会に「活きる」上では現金が必要不可欠であるけれども、その現金はその人の心の豊かさ、いわゆる余裕があればある程出来るものなのではないかと思った次第。

「心豊かなれば技冴ゆる」とは確か沖縄空手の座波先生の言葉だったと思うが、素養であるとか自然と合一したとかそういった達観の境地にも似た幾年もの修行の果てにたどりつくであろう寛大な境地を示す言葉だと理解していたが、心の豊かさというのはもっと簡単に作れるのではないかと思った。

貧しくとも志を持って泰然自若としていればそういった余裕も生まれるであろうが、凡人それ以下である自分にそのような聖人君子にもにた行いを曲げることなく完遂できるはずもない。

とても自分が好意を寄せている女性と会食したとして会計を自分が支払うという自己満足的な見栄を張るにしてもその支払いをすることになってその後の遊興費の度に厠へ行って財布の中身を心配するような見栄というのはとてもさもしいと思う。

仮にそんな事態になってしまったとしても、今の一瞬が楽しければいいのではないか?そのために湯水のように日々歯を食いしばりながら貯めた現金を使ってもそれはそれでいいのではないか?と自分を納得させるわけだが、この今の一瞬一瞬を楽しむためにその瞬間を耐えればいいというような考えは良くない。

なぜならばその人との今後など一切考えてないように思えるからだ。

その人との今後を考えるのであれば、いちいち心配やその瞬間の為に嘘をつくのではなく、そういった事態でも純粋に楽しいひと時であったと思える程の「余裕」を持って行動するのが常人の行いではないだろうか?

己の頑張りでそういった余裕が生まれてある種の幸せを掴めるのであればそれは冒頭の「もっと欲しい」という意欲が分かる様な気がしたわけだ。

ただ単純に守銭奴のように金の亡者になるのではなく、何か目標があってその目標を完遂するために人は野心であるとか向上心をもって意欲的に取り組むのが自分の解釈する「欲」だとするならば、これからは強欲なまでに追い求めたい。

単純な物欲だけではなく品位というものも含め追い求めて行きたい。

目標があってその意味が分かったら後は進むだけだ。成長とは変化をし続ける事。

明確に目に見えるもので成長したと思えるものはそうそうないと思うが、常人の言っている事、やっていることが拒否や否定から入るのではなく、「そうなのかもな」と第一感で思えるようになればそれは自分にとって、成長ではないのかと思う。

乱文失礼しました。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

<< 大縄遊び | ホーム | 九条後記 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP