FC2ブログ

プロフィール

鵺神 蓮

Author:鵺神 蓮
縛師をしています鵺神 蓮です。

17才の時、縄師・神凪さんの縄に感銘と興奮を覚えて緊縛を始めました。それ以来日々精進を心掛けています。

お仕事の御依頼、その他お問い合わせとライヴ等々でのお相手も募集していますので、お気軽にメールください。info.yagamiren@gmail.com

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

【海外】海外見聞縛録【出立~フランス編】

【海外】見聞縛録【出立~フランス編】其の壱

時は2015年3月24日の早朝、スカイライナーに乗ってぼーっとしているうちに成田空港につきまして、チェックインを済ませると、喫煙者の悲しい性で、めいっぱいタバコを吸っておきました。

まぁ乗り合わせた飛行機は外国の方と日本の方と半分半分くらいなのかなと思ってたけど、とんでもなかった、日本人の少ないこと(´・ω・`)やや心細いスタート・・・。

まず鵺神の最大の難関は言うまでもなく「英語」です


第一難関、CAさんとのやりとりですねー、何かを伝えないといけない時にはこれがあれば大丈夫だろうと、i Padの中に音声自動翻訳アプリをしこたま搭載して置きました★万全(`・ω・´)の体制です

飛行機が無事離陸して少し経った頃に、コトコトカートを押して前方よりCAさんがやってきた!
まぁあれですね、新幹線の車内販売の感覚でぼーっと眺めていると飲み物を配ってるんですよ、なんてことのない状況なんですが、どれ、一つ翻訳アプリを起動させてみるか★ってな軽い感覚で起動させてみたんですが、ここに来て一大事が発覚!

ネットに繋がらないと翻訳してくれない

( ゚∀ ゚)え?

別に指差して頼めばいいことなんですが、血の気がサーっと引きましてね(笑)
人って焦ると冷静な判断に事欠くんすねwww

いよいよ自分の番になって笑顔で話しかけてくれるCAさん(推定フランスの方)
笑顔が眩しいぜ★

鵺神は腹に力を込めて力いっぱいオレンジジュースを指さし・・・

「オレンジジュースください!(`・ω・´)キリ」

しっかりとした「日本語」で伝えてみましたが、一瞬戸惑いを見せたCAさんでしたが指先を確認して無事にオレンジジュースを手に入れることができました★(え

気持ちが出ればなんとか通じるんだな(`・ω・´)

それに気を良くしてだいぶ不安が解消されました。
そいから数時間が過ぎ、楽しみにしていた「機内食」の時間です

えェ、駅弁大好きな鵺神ににとっては本当に楽しみな瞬間で、どっちか選べばいいっていうのはわかっていました、もちろん事前情報でね(`・ω・´)

選んで出てきたのは普通においしい機内食でした★
満足満足、合計三回ほど機内食を食することになるわけですが、どれも美味しくいただきました!あざます!

12時間くらいフライトしてまして、乗り換え地点であるトルコはイスタンブールに到着★
当たり前ですが全然日本語が聞こえてこないんですねー(笑)

さて、問題はですね、鵺神は英語が・・・そう、読めない書けない喋れないの三重苦なんですねー。
どこ見ても何かは書いてあるけどもどこに行っていいかもわからない。

頼りになるのはチケットに掲載されている搭乗便番号のみ!

電光掲示板を必死になって舐めるように見ていると・・・
ぺぺぺぺぺぺ・・・
ザ・ベストテンみたいにどんどん入れ替わるわけですよ、番号がwww

乗り換えの時間は三時間ですから余裕とか思ってたんですけどね、空港を隅から隅まで走ってたら、残り一時間を切ってるわけですよww

若干焦ってたらインフォメーションを発見!(`・ω・´)
助かった!と思って駆け寄って尋ねる。
もちろんかなり強い味方であるジャパンパスポートを出して自信満々にこういってみました・・・

「マイ・フライト!ゲート?どこですか?」(`・ω・´)キリ

当然、日本語のイペレーターとかに手元の電話で繋いでくれるのかと思って待っていたらやや眉間に皺を寄せてインフォメーションの彼はこう言い放ちました。

「シンゾウアベ!」(・ω・)!

( ゚∀ ゚)・・・?

「シンゾウアベ!!」(・ω・)!!

( ゚∀ ゚)・・・・??


一瞬トルコ語で何か言われているのかと思いましたか、パスポートを指差しながら言ってるもんだから日本語なんじゃないかなと思って脳内変換してみました。
あー「安倍晋三」っていってるのか!でも俺阿部さんじゃないしなwwまぁいいか、とりあえずイエスとかOK!で笑顔で乗り切ろう!搭乗口を聞き出さにゃならんしな★

( ゚∀ ゚)「OK!イエスイエス!」

(・ω・)「オー!ジャパニース!マイフレンド!」

( ゚∀ ゚)OK!OK!「マイ・フライト!ゲート?どこですか?」(二回目)


握手を求めてくるので快く笑顔で握手していると何やら嬉しそうに話しかけてきて中々手を話してくれません。
トルコは親日と聞いていたので、ここまでとは思ってもいなかったですが、俺が知りたいのは搭乗口なんですよん、うん。

しばらくすると、握手をしているのが遠目にみると捕まえている様に見えたんでしょうね★
警備員さんらしき人がやってきました、インフォメーションの人と警備員らしき人が何やら楽しげに話してると、警備員さんらしき人がやっぱり

(・ω・)「オー!シンゾウアベ!マイフレンズ!アイライクジャパニーズ!」

( ゚∀ ゚)OKOK!「「マイ・フライト!ゲート?どこですか?」(三回目)

(・ω・)「シンゾウアベ!ピクチャーOK?」

( ゚∀ ゚)・・・


笑顔でピースしながら一緒に写メに収まる俺・・・

そしてそのまま開放ってか放流・・・

( ゚∀ ゚)あれ?ゲートは?

もういっかい、チャレンジ!インフォメーションの人に「マイ・フライト!ゲート?どこですか?」

(・ω・)「シンゾウアベ!ユーゲート!ダウン!ダウン!」

( ゚∀ ゚)テンキュー!

三回目の問い合わせにしてようやく聞き出せた!シンゾウ・アベ!じゃねーよ!ww
ダウンって事はしただな!(`・ω・´)

下ってみるもののやっぱりわからないww
走り回っていると壁がだんだん簡素で白い壁に、周りには何やら民族衣装を着た方ばかりなり、気がつくと皆さんが深々とお辞儀をしている広い空間に・・・

( ゚∀ ゚)あれ?もしかして礼拝堂?

そうですねー平和ボケの日本人が、うっかり焦っていたとは言え、礼拝堂に迷い込んでしまったんですね、イスラム教の方々ごめんなさい。
こっそり汗をかきながらゆっくりとその場を後にして、やっぱり走り続けます。
なんと搭乗口についた頃には離陸まであと20分とかでした・・・。

本気で英語学ぼうと固く心に誓った日でありました。

不安をめいっぱい抱えてフランスの税関へ!(`・ω・´)
意外とすんなり通れてチョッピシ拍子抜けしました(笑)

ゴルゴンさんやギオームさん通訳の愛染さんに会ってほっと一息ですねー。

まず、お世話になるギオームさんがとても愉快で明るい人なんですよ!ここから数日感でまさかあんなに親近感の沸く友人になるとはこの時は思っていませんでした。

ほっと一息、大好きな珈琲をギオームさんが入れてくれて歓談タイムです、ですが殆どフランス語!www
英語もできねーのにフランス語なんてわかるわけないんですねww
しかしながら、愛染さんが気を使ってくれて通訳してくれたおかげで随分と楽しい時間を過ごせました★

珈琲と煙草は鵺神の必須アイテムかの様になっていますが、喫煙ルールが良くわかっていなかったので、窓を開けてタバコを吸ってもいいか?と訪ねてみました・・・。
なぜならば、ヨーロッパ諸国の多くは室内禁煙だからです。

だがしかし、なんということでしょう!ギオームさんは喫煙者で、部屋のどこで吸ってもいいよ!ただし灰皿は持っていってね★みたいな眩しい笑顔で言ってくれたのです(>_<)これは嬉しい!


Torebian( ゚∀ ゚)

いや、本当に助かりました★減煙生活を余儀なくされると思っていただけにとても嬉しかったです★

普段からモノマネは好きで良くしていたのが幸いして、耳コピーでフランス語を少しだけ覚えられました。英語も聞いているうちにキーワードを拾ってなんとうなく何が言いたいのかわかるように成ってきました。
そんな自己成長の喜びを噛み締めながら一日目は終了でした。

二日目の朝、ギオームさんの友人のカフェレストランに連れて行ってもらいました。
料理も本当に美味しく、皆さん気さくで朗らかで心和む瞬間でしたね★

カフェにタバコが置いてあったので、フランスの煙草はないか?と聞いてみました、フランスではこれでしょうとおすすs召された「ゴロアーズ」という煙草は中々の吸い心地で、欠品したらフランスではゴロアーズでした、そこから愛染さんゴルゴンさんと一緒にパリが一望できる高台の教会に。

一望できる景色は確かに絶景でした★
それにもまして、始めて本場の教会に行ったわけですが、中に入ってみて圧倒されましたね、日本に寺社仏閣にはない天井の高さがものすごい開放感と厳粛なる空気を作り出していて、ガーンと多大ないい意味でのショックを受けましたね。

その後、ゴルゴンさんと別れて伝統ある墓地に愛染さんと向かいました。
地下鉄に乗ると、スリが多いいので気をつけてくださいね★と言われ、平和ボケの鵺神は気軽に構えていましたが、地下鉄に乗るとほんの少し混んでいるかな?という印象で、そんな中、年の頃は15~6際の「少女」に囲まれまして、その少女の一人が大胆にも俺のケツを揉んでくるではないですか!

オオヴ!フランスの少女の痴女にあったぜ!かなり大胆だぜ!

のんきにそんな事を心の中で考えていると、少女の手はもっと大胆に右左のケツをまさぐって来ます( ゚∀ ゚)

( ゚∀ ゚)オオヴ、ジョーちゃんそこはアナルだぜ★

みたいな感じで減るもんじゃないからほっておいたら、次の駅で少女達は降りていってしまいました。
しばらくして、男性が俺の肩を叩き、何やら眉をしかめて言っています。

言っていることがわからなかったのですが、それを聞いていた愛染さんが・・・

(`・ω・´)「大丈夫ですか?!蓮さん!?スリにあっていたみたいですよ!?」

( ゚∀ ゚)・・・?

(`・ω・´)「さっきの少女たちはスリの集団です!?」

( ゚∀ ゚)・・・ウソン


幸いにも鵺神の貴重品はすべて首から下げた信玄袋に下着の中で守られていて、何も取られなかったのですが。平和ボケの日本人は狙われちゃうよねーと意識を改めさせられました。

その後、墓地に行き、スゴーく古い貴族のお墓とか、王族のお墓とかを見て回りましたが、全然怖くなくて、むしろ印象としてはすごく威厳があって美しいって感じでした(`・ω・´)

【パリのワークショップ】


スポンサーサイト
[PR]

<< 【海外】海外見聞縛録【出立~フランス編】 2 | ホーム | BUD「九」後記 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP