FC2ブログ

プロフィール

鵺神 蓮

Author:鵺神 蓮
縛師をしています鵺神 蓮です。

17才の時、縄師・神凪さんの縄に感銘と興奮を覚えて緊縛を始めました。それ以来日々精進を心掛けています。

お仕事の御依頼、その他お問い合わせとライヴ等々でのお相手も募集していますので、お気軽にメールください。info.yagamiren@gmail.com

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

今後の予定と體術について

【今後の予定】

日本国内では色々とお陰様でイベントやライヴショーに出させていただいております。
またメディアでの勇躍もうれしい限りで、皆々様には感謝しております。

縛りを教える塾や縛りを楽しむサロンもお陰様で盛況です。
毎度思う事は「狭くなってきたから引っ越そうかな」と思い立って引っ越すとまた狭くなるんですね、嬉しい悲鳴なんですけども皆々様には少し窮屈な思いをさせてしまって申し訳ないと思っています。
もっと広いところで開催できるように努めてまいりますので、一つよろしくお願い申し上げます。

各種様々なイベント等々はTwitter及びホームページで告知していますが、この度新しい試みをする事になりました。

それは「體術講座」です。

難しい字ですよね(笑)これで「たいじゅつ」と読みます。

體術

鵺神流責縛の根本を成す二大技法のひとつで體術+縄筋=責縛です。

つまり體術と縄筋のどちらが欠けても責縛にはならないのです。

ですが、體術は独立しても使えます、それは中身だからです、縄筋、つまり縛る形や手順などですが縄で縛るという事自体も「器」に過ぎず、中身が入って初めて完成するんです。
逆説的な言い方をすれば、中身を入れる器は中身がしかりしていれば選ばないので、縄はSMに捉われず単独でも使えるという事ですね。

上図がざっくり言う體術の構成です。

私は大分前から縛りは技術ですって言ってきたわけですが、このロマンの無い技術論が理解され始めました。

技術は誰でも研鑽すればできるから技術であって、その人にしかできないのであればそれはその人の特殊能力です。

ロジックを解明し続けてようやく説明できると思うと感慨深いものが有ります。

體術自体は鵺神自身が研鑽し続けてきた合気道をベースに様々な諸流派の技法をどうやったら縛りに使えるのか?
エロに使えるのかという事をひたすら錬磨探求してきたものです。

ついでに鵺神流責縛のザックリした説明図も載せておきますね。

責縛図

とこのようになっています。

中身を知れば基本がわかり変わるんです。

中身がわかってできるようになってからもう一度基本に戻ってみると劇的に縛りが変わると思います。

縛りだけでなく、エロ事に応用が随分効くので今後の告知を楽しみにして頂ければ幸いです。

また国内のこういった講座や個別講座、個別体験などまだまだ受け付けています。
興味のある方は講座に参加していただくか、DM或いはメールにて個別依頼を申し込んでください。
詳しい個別料金などはTwitterのトップツイート、またホームページに書いてあります。

国内では広島、福岡、新潟、北海道を今のところ予定しています。

11月半ばから一週間ほどブルガリやに行ってまいります。
その間の受付はできませんのでご了承ください。



スポンサーサイト
[PR]

| ホーム | 基本中の基本 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP