FC2ブログ

プロフィール

鵺神 蓮

Author:鵺神 蓮
縛師をしています鵺神 蓮です。

17才の時、縄師・神凪さんの縄に感銘と興奮を覚えて緊縛を始めました。それ以来日々精進を心掛けています。

お仕事の御依頼、その他お問い合わせとライヴ等々でのお相手も募集していますので、お気軽にメールください。info.yagamiren@gmail.com

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ありがとうございます。

【ありがとうございます】

皆々様のお陰でとても忙しくさせて頂いております、ありがとうございます。

いやぁすっかり更新をさぼってしまって申し訳なく思います。

最近はAVの撮影にイベント、自分の塾に、プライベートレッスンと忙しなく活動させて頂いておりますが、特に忙しいのは個人調教依頼です。

この類のご依頼が本当に最近増えてまして、私自身困惑しているのも事実です。

なにに困惑しているかと言うと、実に中身の無い縛りで嫌な思い出が出来てしまうようで、その思い出を修正加筆してほしいというご依頼が多いのです。

まぁ私自身中身の事をさんざん言ってますし、「出汁の無いみそ汁はうまいか?」という事を提唱し続けているからこういったご依頼が多いいのでしょうけれども、上辺の縛りが多いのは縛りが広まった功罪でもあるので致し方ないのかなとも思います。

基礎基本をしっかり習得して「使ってゆく」ことが大事だと思うんです、付け焼刃というか生兵法は本当に最初はいいんでしょうけどもあとからボロが出ますし、怪我だって引き起こしかねません。

一つ言えることがあるとすれば、「何事も嘘をつかないで正直に」

これが大事かなと思います。

昨今のアングラ界隈は色々と起こっていますが周りに流されず、しっかりと自分の意志、意見をもって言動することを心がけると無駄な労力もトラブルも無くなるのではないかなと思います。

色々な方が色々な意見をもってやっているので、何が良いとか正しいなんてことはないと思いますが、私自身の考えは「縛りはエロ事」であって、表現の一環であってコミュニケーションの一環であるのは間違いないと思うのですが、どこまで行っても「鵺神流はエロイコトの為にある」わけです。

できる限りプライベートレッスンも個人調教依頼も受け付けますが、私は私のやり方で行います。
ワンランク上の快楽を、満足を提供するためにやっているので、どうぞご理解のほどを宜しくお願い申し上げます。

あ、キャンセルを出す際は成るべく早くください、本当に必要な人が困ってしまいますので、宜しくお願い申し上げます!

緊縛撮影会

緊縛撮影会

緊縛撮影会というのは最近ではよく聞くワードの一つだと思います。

私自身、縛って撮るという行為はいくらでも経験があるのですが、本格的にプロダクションさんとしっかり計画を立てて撮影会を刊行するのはこれがが初めてで、ワクワクしていました。

今までにも似たような撮影会は仕事で赴いたり、自身が主催したりすることは有りましたが、Vのプロダクションさんが主宰するというのは今回が初めての経験でした。

撮影場所はこちら↓
桃撮1

そう、目黒ハウスです。

SM作品や縛り物のV,撮影ではメッカに近いところですね!
自ずとテンションも上がって臨みました。

桃撮2

まず、この廊下です。

雰囲気が抜群でなんか眺めているだけでストーリーが浮かんでくるような所でした、歴史を感じます。

今回は桃瀬ゆりさんが主演なので、到着を待っていると、とてもきれいに淡い桜色の着物を柔らかく着て来てくれたので、外の表情も晴れていたから、まずは何も無で縁側を主体に撮影会をスタートスルことにしました。

撮影されている間私も少しシャッターを切らせていただくわけですが、お客様優先は当たり前なので、邪魔にならないようにこっそり何枚か切らせていただきました。

歴史の重みが織りなす庭は奥行きも情緒も抜群で下手糞な私のカメラでもいい感じの写真が何点か撮れました。

撮影を見守りながら少しずつ縄を掛けてゆきます。

桃撮3

複雑な縛りよりも、簡素な縛りで色香を出すのはとても難しいです。

ですが、桃瀬さんの色気と目黒ハウスの空気が一層そういった感覚を、見栄えを演出してくれます。

桃撮4




桃撮5


桃撮9


前半戦の撮影は少ない縄で色気を重視して縄を掛け縛りを施すようにしました。

お昼休憩を挟んで和気藹々と進む撮影会は心休まる一時で、とてもよい空気が流れていました。

縁側に腰かけて木漏れ日の中紫煙を燻らせていると・・・

あーあの松の木はよくVで観るなーとか、明智先生もこの縁側に腰かけたのかなとか色々な思いが歴史が感じられて、個人的には幸せな時間でした。

ふと、部屋に目をやると、明智先生や濡木先生、雪村先生というレジェンドの幻影が見えるようで、身震いを覚えましたね、鳥肌でしたよ、改めて目黒ハウスに居るんだなって実感しました。

緊縛写真の大家、杉浦則夫先生もよく撮られていますね、またその作品を支える奈加あきらさんの縛りも数々ここで名作が生まれているんだなと思うと、本当にありがたい限りでした。

昨今失われつつある、性的倒錯の縛りを残していかなきゃいけない、素晴らしいものはできる限り伝えていかなきゃいけないと口元に力が入りました。

桃撮10

後半戦は性的倒錯の縛りと吊責めを少々。

桃撮7


桃撮8


桃撮6


楽しい時間はあっという間で、皆々様も終始笑顔で本当にありがたく、楽しい有意義な時間が過ごせました。
ありがとうございます。

私自身、過去に散々な悪行を重ねてきましたが、倒れてから心機一転で技術も思考もすっかり変わって邁進してきました。
その行いをまだまだ噂が先行されますが、実際に見て、経験してわかってくださる皆様には感謝しかありません。

本当にありがとうございます。

まだまだですが、できる限り邁進して行きますので、宜しくお願い申し上げます!






緊縛処女

えーすでにTwitter等で告知しているので、ご存知の方が多いと思いますが、「明日花キララ」さんの緊縛解禁ものを担当させて頂きました!

初めての縛りものという事で多分に気を使わないといけないのかなとか思ってもいましたが、実際にお会いした際にはびっくりするほど腰の低い良い人でした。

縛り自体も可能な限り監督のリクエストに応えられるように試行錯誤しながら縛らせていただきました☆

作品は本当に購入してみて頂きたいのですが、とあるシーンに「鵺神流高手小手」略して鵺神後手を入れさせていただきました。

初めての女優さんにはきついかなと思っていましたが、そこは程よい加減をさせて頂いて、なんとか縛らせてもらいました!

要チェックです。

http://www.s1s1s1.com/works/-/detail/=/cid=snis862/


明日花1

2016年今年もありがとうございました!

2016年も終わりますねー大晦日は思い思いの時間をすごされていると思います。

今年は色々と動いた一年でした、皆々様にわかるような動きは少ないのですが、水面下で激変をして居たんですね(笑)

来年一年はその動いた事をさらに皆々様に届くように形にしていきたいと思っています。

来年はプロ縛師としてデビュー7周年でして、縛りを始めて16年目になります。
10周年で何かしようと思っていますが、ラッキーセブンなので、もしかしたら何かやるかもしれません(笑)

本年一年も皆々様のお陰で元気に活動できました!どうぞ来年も宜しくお願い申し上げます!

それでは良いお年を!!

密蜜に行ってみた!

最近はメディアに出ずっぱりな感じのする「紫縄びんご」さんの経営する密蜜に行ってみたんだ☆

初心という縄処は何回か行ったことがあるのだけれども、その姉妹店にあたる密蜜は中々行く機会がなくて残念だったのだが、ようやくにして行くことができた!

緊縛に特化したフェティッシュバーといったところかな、店内は入って暖簾をくぐった瞬間とても良い和の空間が広がっていて、少人数で縛る緊密な縛りや、艶っぽい縛りをするには最適なのかもしれない畳敷きで、柱もあって本当に縛りのための空間て感じで一発で気に入ったんですよ。

折角なので少しだけ縛らせていただきました。

照明は明るいのでもう少し暗かったらもっとエロイかなとも思いますが、まぁそこは各人の好みなんでしょうねw

最近ショーアップされた縛りや演出ばかりしていたので、いわゆるマニアックなぎっちぎちの縛りは久々にやった感じがします。
少し縛りを知っている方向けに言えば、「閂縛り」ばかりやっていたので高手小手を久々にやったって感じでした。

いやぁいい!!ww

ごめんね抽象的でw

そんな密蜜さんで8月の初めに「夜の柔術」って講座をさせていただくことになりました!

縛りじゃないの?って疑問に思われた方もいるでしょう。はい、その疑問はもっともだと思います(笑)
縛りは姉妹店である初心さんでビンゴさんが教えているので、私はもっと違うことを伝えようかなと思って企画していただきました。

つまり、縄を使わずして縛るって事、悦ばせるって事。

もっと端的に言うと「柔術を艶事に応用する」って事ですね☆

また人の體の構造や、反応を知ることは縛りにも絶対に生きるので、是非とも来ていただきたいなと思います。

一味違った「縛り」貴方も身に着けてみませんか?|д゚)

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE