FC2ブログ

プロフィール

鵺神 蓮

Author:鵺神 蓮
縛師をしています鵺神 蓮です。

17才の時、縄師・神凪さんの縄に感銘と興奮を覚えて緊縛を始めました。それ以来日々精進を心掛けています。

お仕事の御依頼、その他お問い合わせとライヴ等々でのお相手も募集していますので、お気軽にメールください。info.yagamiren@gmail.com

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港いってきた!

香港に行ってきました!

プライベートレッスンと、ライブショー公園の為です。

香港のSM事情というものは全くと言っていいほどわからない状態だったので、今回の公演はそういった意味でも楽しみで仕方中旦ですね、アジアはいまだ一回も公演をしたことがないので、どんな反応が返ってくるのか、どんなマニアさんがいるのかと倒し身にしていました。

飛行機に乗ってものすごく楽しみにしていた機内食は・・・

「カレー」でした

JALさん・・・飲茶とかやってみようよ、せめて小籠包的な・・・

まぁそこは個人的な噺なのでおいておいて、香港に降り立って一番最初の感想は・・・

「湿気!湿気!!」

ものすごい湿度でした(笑)

まぁ台風が近づいていたのと、香港は海辺ですから致し方ないのですが、日本では経験したことのない湿気に早くもワンパンもらった感じがしましたね。

ホテルについてチェックインしてお部屋は禁煙でしたが、どうやらアジア圏なのにも関わらず、香港全体が室内禁煙なんだとか・・・
喫煙者には肩身の狭い世の中ですね・・・

最初の夜はついた時間も夜の十時でチェックインを澄ましたら十二時近かったので、淡い期待を抱きながら香港の飲茶を探しに夜の街へ・・・

香港の夜の屋台で俺がリクエストしたものは・・・

「ラーメン」

なんで香港に来たのに飲茶ではなくラーメンなのか・・・
それはですねー香港のラーメンが食べてみたかったわけですよ、日本との違いとかみたいじゃないw

結果から申し上げますと、豚骨塩ベースに「カニみそ」とカニが入ったラーメン・・・

実食のけっか、とんこつラーメンにカニみそは入れないほうが良いとの結論に私は達しました。

あ!そーそー!すごい偶然があったんですよ!

私が香港の空港に着いたのが夜の十時で、なんと同時刻に同じ場所に堂山鉄心さんがいたんですね、スイスに行く乗り換えで少し降り立ったんだとかですごい偶然というか奇跡に近い偶然で無駄にテンションが上がりました(笑)

その日はそのまま就寝して次の日は朝少しだけ観光しました。
所謂100万ドルの夜景と言われる港付近を散策して、プライベートレッスンを何組か行いました。

日本であったことのある香港の方も来てくれてとても和気藹々とレッスンできました。

ライヴショーの一回目は所謂「和物」と呼んでいるもので、モデルさんは襦袢、私は着流しに袴を着けて、縛りをメインに据えてお魅せするものです。

鵺神流の縛りに対する拘りや、思想などを反映させて頂いたんですが、皆様から万雷の拍手をいただいたときは正直ほっと安堵しました。

二回目のライヴショーは一度やってみたかったキョンシー落ちですね(笑)
本場の香港でキョンシー落ちは正直受け入れられるかすごい不安でしたが、終わってみればやはり万雷の拍手を頂きまして、すごくうれしかったですねー。

幼い頃から香港電影を見続けて来たかいがありました(笑)

そんなこんなで沢山のプライべートレッスンと二回のライヴショーで好評の内に終わる事が出来ました。

また日本語を一生懸命話してくれたり、覚えてきてくれたりで、とても暖かいものを感じました。

近いうちにまたぜひ行きたいなと思いました。

もうすぐ・・・

八月に入りまして、夏も本気を出してきました☆まさに盛夏ですね。

夏休みをフルに活用して遊ぶぞー!って人もいるし、スキルアップしたいと思う人もいるだろうし、新し扉を開こうとしてる人もいるだろうし・・・夏はどこか開放的になるから積極的になりますよね。

鵺神はというと、八月は一週間ほど香港へ行ってまいります!個人レッスンとライヴショー講演の為です。

香港は初めてライヴショーをするので、どういったものをお見せしようか悩んでいますが、今の私にできる「縛り」を中心にしてみようかなと思っています、ここ最近は魅せるための「ショー」が多かったので、マニアさんが好むライヴの方向でやってみようかと。
限られた時間の中でなので、どこまでできるかわかりませんが、やれるだけやってこようと思います☆

そして、八月は初旬七日に東京アルカディアさん7周年のお祝いに巴として最後になるユニットショーをさせていただきます。
22日にはドグマさんのSMナイトですね!前売り券は売り切れたみたいですが、何とか追加の席が出来たみたいなので、まだ間に合うかもしれません!絶賛ロッピーへ☆

3日の大人の柔術教室ですが、具体的にどういった事をするのか興味があるけれども中々どったんばったんは怖いからとい方のために、少しだけ内容を・・・

基本的に体の仕組みを柔術の観点から知っていきます。
こういう方向で抑えたり掴むと動けないとか、意に反して体が反応するとかそういったことを知っていきます。
すでに知っているとい方もいるでしょうが、知らない方のために鵺神がなるべくわかりやすく解説していきます。

私自身もこの技術を縛りに応用していますので、是非とも習得して頂きたい内容になっています。

三日です!密蜜さんで開催なのでぜひともいらしてください☆

楷書、行書、草書

楷書、行書、草書と進んでいくのは書道のお話ですが、草書まで修めた人の楷書は何とも言えない味があります。

それと同様に基本の縛りから大きく成長してゆくと吊ったりとか展開したりとか色々やるようになるわけですよ、書と同様にある程度の域に達した人の基本は味があっていいんです。

まぁもっと明確に言えば縛りの筋というか器にしっかりと中身が詰まっている感じなんですね、これは縛りをやっている人にはまさに鑑じゃないかと思っているんですよ、一番最初に見たきれいな縛りとそうでない縛りは当然きれいな縛りがよく見えるのですが、自分が上達につれワザと崩していたり縛りの本質をとらえた縛りを見ると見方が全然変わってきていて、今まで気が付けなかったところに色々と感動が生まれてきます。

ここ最近私が好きなのは閂縛りです。

閂縛りという呼称はおそらく鵺神流独特かもしれませんが、上縄と下縄をかけ、そこに閂を通しただけの簡素な縛りです。
これが実に楽しくまた味わい深いんですね。

もちろん後ろ高手小手という広く親しまれている縛りもやりますが、なんの気兼ねもなく縛るには閂縛りをサロンでも塾でも多用しています。

もともと明智先生の縛りが大好きで一生懸命見て観て勉強していましたが、最近は濡木先生や雪村先生の縛りも好きなんです。
乱雑のように見える縛りや、すごく少ない縄数で「縛り」をするものを好んで見ています。

責めるだとか、悦ばせるだとか本質的なものが実にわかりやすく出ているからです。

クラシックな縛りもいいものですよ、ぜひとも縛りをやる縛り手さんには古き良き縛りを堪能してほしいですね。
鑑賞してみることで今の自分に何か刺激が覚えられるかもしれないし、いろんなアイディアが浮かぶかもしれません。

基本中の基本を皆々様ももう一度味わい直し、しっかり見つめなおしてみてはいかがでしょうか?

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。