FC2ブログ

プロフィール

Author:鵺神 蓮
縛師をしています鵺神 蓮です。

17才の時、縄師・神凪さんの縄に感銘と興奮を覚えて緊縛を始めました。それ以来日々精進を心掛けています。

お仕事の御依頼、その他お問い合わせとライヴ等々でのお相手も募集していますので、お気軽にメールください。info.yagamiren@gmail.com

最新記事

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

吊らない勇気

皆さんは「縛れる」という基準をどのようにお考えでしょうか?

よく聞くのは、「縛れるようになりたい」とか「吊れるようになりたい」という事をよく耳にします。

ではどの程度が、縛れるという基準なのでしょうか?

人それぞれでしょうし、その会によっても様々で基準というものを設けるのは難しいように思いますが、ここでは鵺神の見解を述べさせていただきます。

当たり前ですが、一縛師の意見ですから、これが間違っているわけでも、正解でもないのであしからず、参考に思っていただければ幸いです。

私の考える縛れるようになるというのは、物理的な縛りではなく、縛りという行為をできるようになるかどうかです。

あくまで性的倒錯行為としてとらえているので、責縛の概念からすれば当たり前なのですが、どうしても先に進みたくなるし吊をやりたくなります。

たった縄一本であろうが、何本使おうが中身のない縛りでは到底相手を支配することはおろか、満足させることもできません。

一般的には高手小手を覚えて次は吊技という流れになると思いますが、鵺神塾では中々吊技を教えません。

なぜかと言えば次の三点が挙げられます。

1、自宅やホテルなど吊技を十分に発揮できる環境が滅多矢鱈にないという事。
2、責縛を会得してない場合中身がない縛り手のエゴになるという事。
3、吊技における身体へのダメージが跳ね上がり、リスクがとても高いという事。

1についてですが、自宅に吊床完備!耐荷重もばっちり!なんてお宅は中々マニアックで素晴らしいと思いますが、そういった環境下におられる方は中々いらっしゃらないと思いますし、ホテルなどでも中々吊れる場所を探すのに一苦労で、そもそも人を吊るために内装工事をしている所はものすごく限定されるので、耐荷重の面でも不安要素が多々あると思います。

2についてですが、吊技は「吊り責め」と解釈しているので、床縄で十二分に責めるという事、縛るという事が理解されたうえでないと、複雑なしばりや、派手な展開を求めてもそれは縛り手のエゴ以外の何物でもないという事、ぶっちゃけて写真に撮ってもらうとか、鏡で見せてもらうとかしない限り、縛られている方は全然見えないですし、何らかの駆け引きが無いままに吊られても痛いし苦しいだけです。

3吊技は床縄の三倍の注意が必要で、床縄で平気だった人でもあっという間に怪我をする恐れがあります。
かくいう私は、過去に幾人もの女性をケガさせてしまっていました、その大半が吊技によるものでした、誰よりも吊技に対するリスクはダメだった私が言います。本当にリスクが高いのです。

以上の三点を理由に中々吊技というものを教えません。

ですが、縛れるという一定の基準はやはり吊れるという事が認識としてあると思います。

わかりますよ、やっぱり吊りたいですよね、その方が格好もいいし、できる人って知らない人や、経験値の浅い人から見たら賛辞しか来ないですもんね・・・

でもね、上記のリスクを考えたら正直吊らないで床縄で、縄一本でもどれだけ満足させてあげられるかの方が私はすごいと思います。

私自身も「吊らない勇気」というものを実践するまでにやはり時間がかかりました、見栄があるからです。
でもね、貴方のすごさを知らしめる必要はないし、目の前の縛られる人をどれだけやり取りできるかが大事なんですよ。

周りに居る人の為に縛ってるんじゃないんですよ、目の前の人の為に縛ってるんです。

吊所を利用して固定や、体重がかからないようにする半吊は私も良くやります。

私の中で縛れるという基準はイコール吊れるという事ではありません。

しっかり相手を観て縛りというやり取りができる事を指します。

しっかりとした責任と覚悟がお互いの共通認識に於いて合意同意できていれば何の問題もないとおもいますが、そうでない場合はどうぞ、「吊らない勇気」を少しでもいいから頭の片隅に於いて望んでいただければ幸いです。

About rope maintenance縄の手入れについて。

About rope maintenance.

I think that there are various methods, but I will fuzzy-grill. Then put the oil and paint the body butter on the finish.

My preference is to taste roped and roped

The rope that binds the woman is trying not to put a burden on the skin as much as possible, that is why to apply good things to the skin.

Rush's body butter or L'Occitane's shea butter would be a good recommendation.

Because I bind more people than the general people, I am maintaining once a week

It is a tool that connects each other. I think that you can have a good time by spending time and effort, so please try it!


縄のメンテナンスについて。

色々な方法があると思いますが、私は毛羽焼きをします。それからオイルを入れて仕上げにボディバターを塗っています。

私の好みはツルツルとした縄が好みです

女性を縛る縄は、なるべく肌に負担を掛けないようにしています、肌に良いものを塗るのはその為です。

お勧めはラッシュのボディバターか、ロクシタンのシアバターが良いでしょう。

一般の方よりも多くの人を縛るので、私は一週間に一回はメンテナンスをしています

お互いを繋いでくれるツールです。手間をかけた分楽しい時間が過ごせると思うので、皆さんも試してみてくださいね!

感謝の至りと息子の話。

ここ最近は、イベントやショーに出ることを控え、縛って写真を撮ったりだとか、AVの撮影だったり、個人調教のご依頼だったりとかで忙しなくさせて頂いております。これも皆々様のおかげだなあと日々感謝しております。

海外に行っているときはそうでもないのですが、日本で忙しなくしているとどうしても、三食食べなかったり、寝なかったりが続いて体力も20代の時に比べてやはり落ちているので、ここ最近は少しの時間があれば一人稽古をして体力をつけようといそしんでおります。

まぁもっぱら型をこなしたりなんですが、やっぱり本部道場が近いので、全盛期のように通いまくろうかとも考えています(笑)

知り合いがサプリの摂取をしていて少しは違うというので、自分でも試してみようと思って最近始めてみたんですが・・・

一つ分かったことがあります。

よく、亜鉛は精力に欠かせないとか、濃くなると聞くので試してみたんですね、それでですね、一向に増加がみられないんですよ。
何言ってるんだと思うかもしれませんが、やっぱ期待するじゃあないですか、男子たるもの十代の勢いと飛距離を取り戻してみたいと思うわけです。

こんなやせっぽっちでも、十代のころは飛距離もあったし、濃かったんですよ(なんのはなしやねん)

30代の今となってはやっぱり薄くなったし、あんま飛ばないわけですよ。

飲んでみて変わるかなと思って少し期待していたんですが、まぁそんな変わらないんですよね・・・

そこで友人にそれを話してみたところ・・・

「いや、だって鵺さん出すでしょう?」

(;´Д`)・・・そうか

そうだね、出したら亜鉛も出ちゃうよね!出したら飲まなきゃね!!!(;´Д`)

それに気が付いて最近は日課を済ませたら飲むみたいな事を繰り返して早一週間・・・

ちょっとエロイことを考えたり後手を考えたりしていると・・・

ムヤミヤタラニ、セノビスル・・・

効果てきめんですねwでもね、日課の回数が増えただけなんで、なんか元気な感じはまだ実感できていません。

鵺神流口伝

鵺神流には口伝があります。

まぁ何でもかんでも漢字にしたり、かたっくるしい表記にしているのにももちろん意味があります。
私はそういうのが好きなんですね、長い事武道や伝統の世界に居ましたから、自分が体現出来てつてられる表現方法はこれが最もしっくり来ているわけで、例えば縛りの中にアルファベットがあるのはあまり好きではないんです。

一例をあげますと、所謂「M字縛り」とか「M字開脚吊」とかいうのを鵺神流では「鳥居縛り」「鳥居吊」と言っています。
一説では神社の鳥居は女性の開脚を表し、参道(産道)をたどって本殿、或は本宮(子宮)にたどり着く原点回帰であるという説に私自身が納得したので、こういった名前を付けているわけです。

鵺神流口伝はいくつかあるのですが、その中の一つをご紹介します。

耳観手聞
ジガンシュブン

耳で観て手で聞けという事なのですが、どうしても縛りをしていると手元や縄筋を追いがちで、相手のツブサナ変化に気が付かなかったりします、耳で観ろというのは耳を研ぎ澄ませば相手の呼吸音、心音、わずかな動作、空気の音等々判断基準になる材料は沢山あるのです。
手で聞けというのは肉体の寒暖、緊張等々・・・耳目では拾いきれない相手の思いを反応を手で聞き出すわけです。

それでは眼で観なくていいのか?それは違います、目は心をメンタルを観るんです。
着眼大局とでも言いましょうか、目はそれらの情報を合致させるために働きます。

よく、一つの縛りを覚えたのであれば、吊らない限り目を閉じるなり、目隠しをするなりして縛ってくださいと言っています。
目に見えるものだけではなく、五感をすべて使って縛るんです。
そうすることで、今まで気が付かなかったものや感情に気が付くはずです、また気配りも勝るようになるでしょう。

鵺神流では心眼稽古と呼んでいまが、相手を観て責めるというのは相手をいかなる時もしっかり観れなければ鵺神流の縛りは会得できないわけです。少々小難しい事を書きましたが、皆さんの参考になればと思い書かせていただきました。

感謝

どうも、鵺神です。
昨今寒くなってまいりましたねー・・・
体脂肪がとても少ない鵺神にとっては中々しんどい季節がやってまいりました。

今日から12月なわけですが、別称師走ですよ、師が走るほど忙しいわけですよ。
ここ最近の私も皆々様のお陰で忙しくさせて頂いております!ありがとうございます!

そんな師走のハナに、縛師が思わず足を止めて取り組んだものがあります。
とあるAVの撮影なのですが、とても勉強になったしものすごく刺激になりました、どんな世界でもそうですが扇動されてはいけませんね、自分の眼で観て耳で聞いて実感してが一番良いです。

流言飛語に惑わされずしっかり見てくれた現場及びスタッフ制作さんに感謝です。
人の温かみを感じた現場でした。

内容はもちろん抜群のものなんで、情報が解禁になったら絶賛告知します。

世知辛い世の中に於いてちゃんと頑張ってたら認めてくれる人はいるんだなと実感しました。
足を止めて膝をついて御礼申し上げます。

少なからず認めてくれている皆々様のおかげでもあります、本当にありがとうございます。
今後もよろしくお願い申し上げます!

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE